読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理系女子大生コミュニティ凛 official blog

理系女子の普段をゆる〜く紹介中。。

素敵理系女子にインタビュー*内田ちゃん

こんにちは(・ω・)!

玲美です(・ω・)!

寒くなってきて非リアには

辛い季節となりました(´・ω・`)w

「リアル“オレンジデイズ”」と称されるほどリア充率の高い

我が立教大学のこの時期の名物がこちら( ´ ▽ ` )ノ

543051_386081624808428_107435257_n.jpg

どんなに綺麗でもひとり寂しく見るイルミネーションは

切ないものです(´;ω;`)

特に実験の帰りとかね……(´;ω;`)w

さてさて、

そんな非リアなわたしの気分も晴れやかにさせる

とっても可愛い理系女子とデートしてきました

*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

その理系女子とは……じゃん\(^o^)/

中央大学理工学部数学科3年の内田ちゃん♡

IMG_0515.jpg

わたしたち理系女子大生コミュニティ凛は、

研究や課題に追われて閉鎖的になりがちな

理系女子のコミュニティ形成を目的に活動をしているわけですが、

まりこちゃんのアクティブさと言ったら……!!!

今回は、過去→現在→未来という流れで

インタビューしちゃいました(・ω・)♡

①過去「何で理系に進んだの?

中学時代は数学のテストで14点を取ったこともある(!)という

まりこちゃん。

そんな彼女が今では数学を専攻しているというから、

ほんとうにびっくり(笑)

(ちなみに「移項」が分からなかったらしい。笑)

14点を取ったことをきっかけに、

このままではまずい!と一念発起、

家庭教師の先生のおかげでその後数学は好きになったんだとか。

だから数学科なんだ~!と思いきや、

その過程には紆余曲折あったらしく。

「もともとは英語が好きで、英文科に行って海外で働きたい

 っていう夢もあったけど、両親に医学部を勧められ理系に……。

しかし何とか中大の数学科の推薦受験を許してもらいました!」

進路のことで両親と対立することの多かったまりこちゃんも、

大学入学を機に上京、両親と離れて暮らすことで、

ありがたみを実感、今ではとっても仲良しなんだとか。

②現在「どんな毎日を過ごしているの?」

中大の白門祭実行委員会がるぺでぃあなど、

忙しい毎日を送るまりこちゃん。

忙しい中でも、空きコマを有効活用するなどして、

課題をこなしたり、美術館や博物館に行ったり、

韓国語の勉強をしたりと、

ステレオタイプな理系女子のイメージを打ち壊す、

アクティブ理系女子でした^^

この日も、明大の博物館へ行ってきたのだそう!

ちなみに、がるぺでぃあを知ったきっかけは、

たまたま見かけたツイート。

それを見て実際に行動に移すアクティブさ、見習いたい!

③未来「将来の夢は?」

「ずっと表に立つ、目立つ仕事をしたいと思ってきたけれど、

白門祭実行委員会やがるぺでぃあを通して、

裏方の仕事もいいなぁって思うようになりました。」

こんな可愛い女の子には華やかなお仕事が似合うのでは?

と思いながらも、それもまた素敵な夢だと思いました♡

応援してます(。・ω・。)♪

④理系女子へ一言

「理系は確かに忙しいかもしれないけれど、

時間がない、というのは、言い訳!!!

時間がないなら作ればいい!笑

好きなことをしていれば睡眠時間が少なくたって苦じゃないし、

わたしはがるぺでぃあをやっていて、実際そうでした( ´ ▽ ` )ノ

研究だけに打ち込むことももちろんいいけれど、

たくさんの世界を知ってから、

それでもやっぱり研究をやりたいというひとは、

打ち込むべきだと思います^^」

「大胆不敵で楽天的、ハプニングを楽しめる」

と自らの性格を言うまりこちゃんは、

自分の人生を全力で謳歌しているようでした( ´ ▽ ` )ノ

これからも機会があれば、まりこちゃんのような、

素敵な理系女子を紹介していきたいです( ´ ▽ ` )ノ

れい

⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒

   Twitter:@rin_girls

   Facebook:理系女子大生コミュニティ凛

⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒