理系女子大生コミュニティ凛 official blog

理系女子の普段をゆる〜く紹介中。。

気象研究所〜part.1〜

こんばんは、春休みに突入して少々浮かれ気分のまいです(^ω^)

実は少し前、私とーっても興味深い場所に行ってきましたー!!

なんと!!ずっと行ってみたかった!!

気象研究所です

本日は気象研究所についてお伝えします\(^^)/

気象 写真1

みなさんがきっと毎日見ているであろう、身近に感じる天気予報から

最近地震が多いですね(><)緊急地震速報を出している

気象庁の研究機関「気象研究所」です♪

写真の上に見える白いドーム状のものは

二重偏波ドップラーレーダー

とよばれる雨や雪といった降水粒子に関する測定を行う装置です。

さっそく見学をおこないました♪

はじめに地球化学研究部の見学をさせていただきました!

気象 2 気象3

左:)指示薬で染色した海水です。                  右:)CO2を流すとpHが下がり色が黄色に変わりました!

突然ですが私たちの生活において排出されるCO2の仕分けはご存知でしょうか?

なんと年間264億トンのCO2のうち大気中に残存するのが150億トン

陸面での光合成などで吸収されるのが33億トン

残りの81億トンが海洋に吸収されているのです!

ここでは海の水に含まれる二酸化炭素の量を測定しています。

海の酸性化」という言葉はきいたことがありますか?

通常海の水はpHがおよそ8の弱アルカリ性ですが

現在少しずつpHが低くなっていることがわかってきているそうです。

pHの測定にはpHメーターではなくpHによって色が変わる指示薬を用いて染色後、

吸光度の測定をして求めるそうです!より有効数字が大きい正確な値が出せるそうですよ!

化学女子わくわくですよね!(^^)!

次に電子顕微鏡を見せていただきました!

気象 4

ここでは空気中のエーロゾルといわれる粒子状物質の研究を行っています。

中国から流れたと思われる物質が検出されることもあるそうです!

現在は放射性物質の検出にも取り組んでいるそうです。

気象研究所には天気予報や地震観測のみではなく

海洋・大気・気候などなど様々な分野の研究が行われていました!

私たちの生活に欠かせない気象情報はこのように研究を重ねられ

私たちに伝えられてるのだと実感した見学でした!

次回は気象研究所で働かれている

女性研究者の方へインタビューさせていただいたことについてお伝えします♪

お楽しみに\(^^)/

⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒

   Twitter:@rin_girls

   Facebook:理系女子大生コミュニティ凛

⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒